情報公開

Information disclosure

私たちの取り組み

プロジェクトチーム

 昭島荘では、利用者が「その人らしく、自立して生きる」ため、支援と環境を改善する5つのプロジェクトチームがあり、下記の目的と効果に基づき、勉強会の開催・マニュアル作成(更新)・個別支援計画への反映など、生活支援全般の見直し(更新)を検討しています。     

      

食堂検討プロジェクトチーム

目的:利用者の心身特性に適した食事形態・食器及び、適温給食を提供します。

効果:嚥下機能の維持向上を図ることにより、健康的な生活の質の向上に繋がります。

入浴検討プロジェクトチーム

目的:利用者の心身特性に適した「安心」「安全」「安楽」な入浴を提供します。

効果:入浴事故の防止及び、心身機能の維持向上に繋がります。

 

清掃検討プロジェクトチーム

目的:自分の居室・施設共有箇所に対する美化意識を育みます。

効果:利用者が清掃活動をすることにより、生活環境の衛生保持・自立支援に繋がります。

接遇検討プロジェクトチーム

目的:サービスの質の向上・利用者満足のコミュニケーションスキルを習得します。

効果:サービスの標準化・職員の人材育成・透明性のある施設運営に繋がります。

排泄ケアプロジェクトチーム

目的:排泄メカニズムの把握及び、適切な排泄ケア(オムツ使用)を提供します。

効果:医学的な排泄メカニズムの根拠に基づく支援に繋がります。